現品限り一斉値下げ! 殺し 超美品再入荷品質至上 DVD

殺し [DVD]

2900円 殺し [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス 殺し !超美品再入荷品質至上! DVD 殺し !超美品再入荷品質至上! DVD 2900円 殺し [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス [DVD],2900円,/Desmidiaceae860205.html,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,殺し,www.rosemaryrideoutphotography.com [DVD],2900円,/Desmidiaceae860205.html,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,殺し,www.rosemaryrideoutphotography.com

2900円

殺し [DVD]

商品の説明

レビュー

『シャンドライの恋』のベルナルド・ベルトルッチ監督が、パゾリーニの原案をもとに撮った処女作。ローマでおきた娼婦殺害事件の容疑者たちの証言を、独特の映像で綴る。
--
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督・脚本: ベルナルド・ベルトルッチ
原案: ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本: セルジオ・チッティ
撮影: ジャンニ・ナルツィージ
音楽: ピエロ・ピッチオーニ
出演: フランチェスコ・ルイウ/アルフレード・レッジ/アレン・ミジェット/ロマーノ・ラバーテ
--
内容(「CDジャーナル」データベースより)

殺し [DVD]

テーベレ川の土手で娼婦の死体が発見される。犯行時刻、近くの公園にいた男達が容疑者として挙げられて、彼等の証言が真犯人を炙り出して行く…イタリアの鬼才パゾリーニに託された原案を若干21歳のベルトルッチが初監督した作品。何かと黒澤明の「羅生門」と比べられてしまう本作。確かに、証言により構成される物語、太陽が照り付ける森、突如画面一杯に広がる雨の描写など、映画の印象が「羅生門」と被る点は多いのですが、決定的な違いがあります。それは「羅生門」が、独りよがりな登場人物達の思惑によって事実が歪められていく物語であるのに対し、本作は様々な登場人物の証言によって一つの事象が明らかになって行く物語という点。つまり、この映画は、事実を煙に巻く「羅生門」とは真逆の効果を狙っている作品という訳です。窃盗するガキ、金貸し女のヒモ、休暇中の兵士、夜毎歩き回るサンダル男などが、現場に巡り合わせた経緯を語り、夕立を挟んだ後、殺しの起こる夜の公園へと辿り着きます。この夜の公園が本作の要であり、若手監督を天才たらしめた最大の見せ場です。証言者達は、各々が様々な理由で公園に集う事となる訳ですが、秀逸なのが、どの回想場面にも共通して殺された娼婦が小さく写っている点。しかも、各々の証言者が、何らかの形で他の証言者達を目撃していて、その証言内容に従って、同じ場面が違うアングルで再現されるのです。誰もが死する娼婦と同じ場所に介在していた事が確実に伝わる各々の場面。実に映画的表現に満ち溢れた空間じゃないですか!全く眼が離せない映像的な魅力に溢れています。そもそも、この作品は娼婦が殺され、容疑者が尋問され、真犯人が逮捕されるという単純な物語。登場人物に関しても、感情移入できるキャラは存在せず、事象を淡々と語り、行動するだけというコマの様な扱い。つまり、純粋に構成と映像が絡み合い、一つの事実を紡ぎ出していく様を堪能する作品であり、小難しい物語も複雑な人間関係も不要な作品という訳です。繰り返し登場する雨のシーンや、夜の公園シーンが脳内にインプットされ、パズルのピース宜しくバラバラに語られていた証言内容が頭の中で一つに収束されていく。まさに映画でしか味わえない映像パズルをジックリと堪能出来る珠玉の逸品!何度観ても色褪せない作品です。
監督はベルナルド・ベルトルッチ、1962年の作品です。原案はピエロ・パオロ・パゾリーニ。 ローマの公園を流れる河の土手で中年の街娼の死体が発見されます。そして、こそ泥の少年のルチアーノ、ヒモ男のブステッリ、女に飢えて終始ニヤニヤ笑っている兵士のコンセンティーノ、裸足に木のサンダルを履いているナタリーノ、男からレインコートを盗んだ少年2人組のピピートとフランコリッキオが捜査線上に上がり、最後犯人が捕まるまでが描かれます。 雨の降り注ぐ高架橋の下でコンセンティーノが座り込み次第にカメラが引いていくシーンは、この映画全体に流れる寒々とした雰囲気の最たるものとして妙に心を惹かれました。 映画の題名通り、殺人がテーマなのですがそれと同時に、彼らの孤独と貧しい日常が白黒の乾いた映像でリアルに丹念に描き出されていきます。殺人事件の夜、彼らは公園でお互いに誰かが誰かを見ているのですが、見知らぬ他人同士でしかなく、たとえ何かに関わりを持ったとしても所詮知らない他人同士でしかないという都会の孤独が象徴的に描かれています。 そしてそもそも彼らの帰るべき家が描かれません。映し出される家には彼らを拒絶するか、あるいは彼らの人生とは無関係な女が住むだけでしかありません。 そして数回突然雨の滴る窓ガラスが映されるのですが、その家の中の暗い部屋に住む女は殺される街娼です。 そうしたネガティブな意味と雰囲気においてしか家の内部が映されないのも印象的でした。
 当時21歳だったベルトルッチの監督デビュー作。 ベルトルッチは1962年、詩人の父アッティリオ・ベルトルッチと知り合いだったパゾリーニ監督の『アッカトーネ』で、助監督を務めた。 その後、パゾリーニはベルトルッチに4、5枚の紙を手渡し、そのシナリオ化を頼んだ。それが『殺し』。ベルトルッチはセルジオ・チッティと共同でパゾリーニのメモを膨らませ、そのシナリオを自ら監督することになった。 ローマの貧民街をたむろする人々、というテーマがいかにもパゾリーニ的だったため、ベルトルッチはパゾリーニの原案に自身の感受性を加えるのに苦労したという。 その結果はご覧の通り。パゾリーニのローマでもなく、ましてやフェリーニのローマでもヴィスコンティのローマでもない、ベルトルッチのローマが見事に築かれた。 『殺し』では複数の人物が警察に呼ばれ、同じ時と場所で起こった出来事が語ってみせる。黒澤明の『羅生門』形式だが、当時ベルトルッチは未見だったという。 ベルトルッチ自身のアイデアによる夕立の効果やクラシックギターの奏でる旋律と相俟って、何とも言えない叙情性を生み出している。もちろん、ミステリー映画としても面白いと思う。 
これが処女作?当時、弱冠21歳のベルトルッチ、完成度高すぎますっ!警察の取調室で尋問を受ける容疑者たちその容疑者たちの証言を、黒澤 明監督の『羅生門』のようにフラッシュバックで描いています。ミステリーとしての緊張感は、もちろんなのですが、ヌーヴェル・ヴァーグ作品のような、みずみずしさも感じます。容疑者それぞれのフラッシュバックの中で彼らの何でもない日常そして娼婦が “殺し” にあう、きっかけとなった公園にたどり着く。途中、激しい通り雨が降り、雨に打たれるある窓が映り娼婦が身支度をして公園に向かうまでのシーンも挟み込まれていてそれぞれのストーリーとリンクしていきます。容疑者たちが、たどり着く公園が別アングルで映し出されていて、そのカメラ・ワークの妙に引き込まれてしまいます。どのフラッシュバックでも、殺された娼婦がちらっと映っていたりします。もちろん、それぞれ違ったアングルからそしてラストは、『暗殺の森』『ラスト・タンゴ・イン・パリ』でも圧巻だった、ダンス・シーン!