国家の女リトルローズ DVD 最低価格の 最大65%オフ

国家の女リトルローズ [DVD]

[DVD],国家の女リトルローズ,www.rosemaryrideoutphotography.com,1001円,DVD , 外国映画 , ドラマ,/Falerian860249.html 1001円 国家の女リトルローズ [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 国家の女リトルローズ DVD 最大65%オフ! [DVD],国家の女リトルローズ,www.rosemaryrideoutphotography.com,1001円,DVD , 外国映画 , ドラマ,/Falerian860249.html 国家の女リトルローズ DVD 最大65%オフ! 1001円 国家の女リトルローズ [DVD] DVD 外国映画 ドラマ

1001円

国家の女リトルローズ [DVD]

商品の説明

【モスクワ国際映画祭 最優秀監督賞・最優秀衣装賞】【ゴア(インド)国際映画祭 最優秀女優賞】【ティブロン(アメリカ)国際映画祭 最優秀作品賞他3賞受賞】【ポーランド・アカデミー賞 最優秀主演男優賞】 1960年代末、民主化運動の口火を切ったポーランド。その思想的リーダーとして著名な作家・歴史家と妻の実話に基づいた驚愕の歴史サスペンス。 東西冷戦下の東欧、苛酷な政治体制に利用された、美しすぎた女スパイの葛藤と哀しみを、人間的側面から描き出す。モスクワ国際映画祭やポーランド・アカデミー賞をはじめ、国際映画祭で多数受賞した傑作! 美しさと知性と官能、ハニートラップの武器を完璧に備えた、「リトルローズ」マグダレーナ・ボチャルスカが、全裸で大胆に演じるエロティックシーンに息をのむ。

国家の女リトルローズ [DVD]

大戦後、二極化した世界。冷戦と呼ばれる状況。社会主義国家による反体制派弾圧。手段を選ばぬ非情な工作。フィアンセのロジェクによって政府のスパイに仕立てられた女カミラ。ごく普通の市民であったカミラはある日突然リトルローズのコードネームを持つポーランド人民共和国内務省保安局(所謂、秘密警察)のスパイにされた。ロジェクからの大学教授に接近して親密な関係(セックスで篭絡させて)となってユダヤ人であることを探るように命じられる。愛する男から言われショックを受かるカミラ。海賊放送で辛辣な政府批判が為されており、その人物の特定が目的であり、教授がその容疑者の最有力候補なようだ。ただユダヤ人と反体制派がどのように結びつくのか俺の拙い頭脳では理解出来なかった。ロジェク自身もカミラとの付き合いを同僚の密告(彼のことを快く思わない者が組織に存在しており彼をユダヤと非難していた)によって上司からこの計画を強制されていた。どちらも所詮、国家から見ればただの駒に過ぎないのだ。身近な人間でさえ信用ならない世界に以前観た独映画「善き人のためのソナタ」をちょっと思い出してしまった。ともに苦悩し、苛立つ二人。酒場での騒動からロジェクもカミラを本当に愛していることが察せられる。徐々に教授に接近し親しくなるカミラ。教授の家で度々、教授の娘が邪魔をしに現れる場面は笑えて良い息抜きになる、計算された演出であろう。子役の女の子の表情がとても良かった。教授と親密な関係になるにはこの少女が大きな障壁であったが何とか乗り越えることに成功した。そして子供も良い情報源であった。カミラの立場は妻同然になった。ロジェクのカミラへの膣を突き上げるような、怒りを子宮に流し込むような荒々しいセックスに彼女と教授の距離が短くなってゆくことに対するロジェクの複雑な気持ちが物語られている。そして遂にカミラと教授の情事に。愛するロジェクとのセックスとは全く異なる快感を感じたように見えた。娘にも受け入れられ(肉体関係の仲であることも理解しているように思えた)教授の家に暮らし始め、寝食を共にし、情事を重ねながらも彼の秘密を探ろうとするカミラ。クリスマスの夜教授からプロポーズされ、ロジェクと彼との愛の葛藤に戸惑い、教授への罪悪感で混乱するカミラ。教授がユダヤでないというカミラの報告書を受け入れられず激昂するロジェク。カミラの彼への愛が壊れてゆく。1968年初頭、教授はペンクラブでの集会で反政府発言を堂々行う。作家らは勿論、カミラにも大きな感動を与えた。海賊放送の原稿も教授によるものであった。カミラは教授のプロポーズを正式に受け、偽りの報告書をロジェクに提出し、関係を絶った。だが作家仲間の密告で彼女がスパイをしていたことが知られてしまう。密告は政府だけのものではないという皮肉である。教授は一蹴するが心の中でカミラへの疑念が生まれていた。そしてロジェクが教授にすべてをぶちまけるがそれは彼にとっても命とりな行為であった。教授のもとを去ったカミラ。ロジェクが訪れ愛のないセックスをするが、これは別れの儀式のように思えた。街には自由を求める市民があふれていた。警察の介入で暴動に発展する。教授は国家評議会議長から名指しで反逆者として糾弾されカミラへの愛だけでなく職も名誉もすべて失ってしまい、一度は自殺を考えるまで追いつめられる。ロジェクも上司から詰問され更に、彼を嫌う同僚にユダヤ人であることを暴露される。保安局を除名され党員資格もはく奪され彼もすべてを失う。カミラを訪ねる途中、暴漢に襲われ傷ついた教授。そんな彼を黙って抱きしめるカミラ。晴れて結婚する二人を泣きながら見つめるロジェク。一家でポーランドから出国する決心をした直後教授は殺されてしまう。ポーランドを去るロジェク。黙って見送るカミラ、結局彼女はこの国に残るのであろうか。二人の男に愛されながらどちらの愛も失った哀れな女。せめてどちらかの子供を孕んでいればまた違った人生になったであろうに。ただ人を不幸にするだけの国家。信じられないがそんな国が当たり前に存在していた。いや現在でも似たような国家は存在する。この後ポーランドに大きな変化が訪れる。プラハの春の始まりである。大戦中、多くのユダヤ人が収容所へ送られ還ってくることのなかったポーランド。戦後になってまた新たなユダヤ人狩り。ユダヤ人迫害、弾圧を描いたポーランド映画は多数ある。背景にユダヤ資本が絡んでいることもあると思うがこれらの記憶を風化させないように、という思いも強いと感じた。劇中、一般市民がユダヤ人に心無い言葉を投げつけるがこの日本でも似たような光景を見かける。ところどころに挿入されるモノクロ映像は当時の実際の映像だったのであろうか。ストーリ展開(特に序盤に)に些か強引な感のある作品であった。
 1960年代のポーランドでのユダヤ人排斥の中での実話を基に、反体制運動の証拠を掴む為に女の魅力を武器にスパイとして働く女性の苦悩を描く。  てっきり官能的な映画なのかと思ったら全然違う。恋人をスパイに仕立てる男、恋人の為にスパイになる女、それぞれの苦悩を描くドラマ。しかもそこまでしてスパイする相手の男が政府転覆とかを考えるテロリストじゃなくて、ただ政府の批判をする知識人なだけだったりするのだから不毛だ。 スパイ対象の男に惹かれていき、三角関係になってしまう。結果として誰もが不幸になるストーリー。時折入る当時の実際の映像が、この頃のポーランドの閉塞感を感じさせる。 苦しむ美しい女性の姿を通して自由のなかった不毛な時代を振り返る社会派なポーランド映画の良作。
忘れ去ることはできないが風化しつつある、欧州の歴史の物語です。舞台はかつて社会主義国だったポーランド、美しい女性カミラがただ内務省の恋人に尽くしたい一心で国のスパイとなり、ある老齢の大学教授がシオニストである証拠を探るために関係を深めます。(シオニストか否かではなく、端からそうと決め付けてその確かな証拠を得るため、です。)この話は現代の私たちが観て、誰が正しい、誰が悪いと論じることはできません。この時代、この国では反ユダヤが当然で、言論が統制されようが、血筋一つで人格を疑われようが、それが国民が安心して生きていくために必要なことと国家が主導し、信じられていたのです。人々にとってはそれが常識、当たり前のことで、それが正しい行いだったのです。社会主義や独裁主義が悪く、自由主義が正しい、カミラと教授の選択が正しいと安易に判断することは歴史に対し不誠実なのです。社会もカミラも恋人も教授も、それぞれが戦いながら生きている激しい時代の物語でした。ラストシーンでカミラが大きなお腹を抱えて歩き去りますが、このお腹の子が産まれて大人になるまでポーランドはずっと社会主義のままで、何度も暴動が起き、戒厳も敷かれます。必ずしもカミラにとっての良い未来が待っているとは言えないところが何とも寂しい最後です。
ポーランド、チェコスロバキア、東ドイツ等とソ連の関係に明るくない私です。何せこの1968年という「連帯」や「プラハの春」に代表される東欧激動の頃に私は生まれたか、どうかの頃なので。けれど、ポーランドを舞台にしたこの作品と、実際の外交官の方が書いた小説、チェコスロバキアの「プラハの春」、東ドイツを舞台にした白黒映画の傑作「二つの世界の男」は、社会主義社会を今知る良い教科書ではないかと思います。思えば、「予定通り」に行かそうとするのが社会主義の形なのかも知れない。理想や夢を予定通りに進ませて行く…。予定通りに行かない原因をことごとく排除していく。今の社会主義国家もそうでしょう。計画の反対語は自由ではないけれど、国家という組織の計画が、組織より小さいはずの個人が自由を求めることでほころんで行く。結局どの理想も予定通りには進まない。我が欲だけを追及する自由主義社会より、より公共を考える社会を目指す社会主義社会が崩壊して行く様は不思議だし、奇妙です。しかし、このAmazonでこの様なレビューを書くことさえ、社会主義なら出来ないと考えると、やはり必然なのかと背筋が伸びます。


コンフィデンスマンJP 英雄編


スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム


ハウス・オブ・グッチ


劇場版 呪術廻戦 0

2022.01.21一部店舗 営業内容変更についてのお知らせ(1/21更新)
2022.01.19忙しい毎日に疲れたら「コロナでOFFろう」ココロもカラダも温泉でリフレッシュ♪
2022.01.16一日を笑って終わろう!夜のコロナワールドはとってもお得です♪
2022.01.15感染拡大防止の取り組みについてのお知らせ
2022.01.13スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム 豪華プレゼントが当たる「リピーターキャンペーン」開催!!
2022.01.10Uproot Cleaner Pro 再利用可能ペットヘアリムーバー - ダメージのない糸くずリムーバー カーペットスクレーパー Uproot Clean - 猫毛リムーバー ペットの毛リムーバー カウチ、衣類、ラグに - すべての髪を手に入れます
2022.01.08エンスカイ 1000ピース ジグソーパズル ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 1000c-07 TOKIMEKI Runners
2022.01.07[飲料] 2ケースセット  ウィルキンソン タンサン レモン  (12本+12本)1LPETセット  (24本)(1000ml)(1リットル)(タンサンレモン・スパークリングウォーター・炭酸水)
2022.01.04福山コロナワールドに「ドッグラン(無料)」がオープン!!
2022.01.01選べる支払い方法「キャッシュレス決済」ご利用いただけます♪(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済)