M 春の新作 字幕版 DVD 最大58%オフ!

M【字幕版】 [DVD]

M 春の新作 字幕版 DVD 3450円 M【字幕版】 [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス 3450円 M【字幕版】 [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス M 春の新作 字幕版 DVD www.rosemaryrideoutphotography.com,/antiabrin860101.html,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,3450円,M【字幕版】,[DVD] www.rosemaryrideoutphotography.com,/antiabrin860101.html,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,3450円,M【字幕版】,[DVD]

3450円

M【字幕版】 [DVD]

商品の説明

レビュー

実際にドイツで起きた連続殺人‘デュッセルドルフの吸血鬼’を基にした、フリッツ・ラング監督初のトーキー作品。理屈では説明できない人間の殺人衝動の恐怖を描く。
--
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督・脚本: フリッツ・ラング
原作: エゴン・ヤコブソン
脚本: テア・フォン・ハルボウ
出演: ピーター・ローレ/オットー・ベルニッケ/グスタフ・グリュントゲンス
--
内容(「CDジャーナル」データベースより)

M【字幕版】 [DVD]

私はラングの映画はドイツ時代のサイレント作品が好きだ。しかしこの映画は例外的に好きだ。「M」はラングのドイツ時代後半の作品でトーキーになってからのものだ。(ラングらしい良い緊張感を持ったまま最後までぐいぐい引っ張ていく。ヒチッコクの下宿人?(サイレント)も同じ題材をとっているが、それとは全く違っう内容になっている。)初回時、しまったトーキーだ!と思った。しかしこの映画の音は演技や台詞、心理状態を表現だけのものではなく、音がなければなりたたない。トーキーだからこそ、この作品が生まれたのだと思える程、重要な要素になっている。姿をみせない凶悪犯が誘拐する子供を物色中に吹く、ゆっくり思案気なテンポの口笛(ペールギュントの曲)。そして狙いを定め連れ去る時に、少し興奮ぎみでうれしそうに吹かれる同曲口笛。それから後半のラングらしいカメラワークとそれを引き立たせる人々の憤りがこもった足音等々。どれもすばらしい。しかし犯人を追い詰めた後のシーン。追い詰めるところまでは良かったのに。あっけなさが少々物足りなかった。
一般市民が、凶悪犯にリンチを加えていくことが許されるのかどうかという、民主主義のありかたを鋭く問い掛ける映画だ。こういう映画が戦前に製作されていたことに驚きを禁じえない。 被害者の人権が問われる今、こうした旧作映画をひとつの材料として世界を見つめなおすことがあってもよいような気がする。そういう意味では、今後も行き続けるべき作品だと思う。

ご希望の消防署情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

全国エリア
施設