レッド 華麗 最新最全の オクトーバーを追え DVD

レッド・オクトーバーを追え! [DVD]

レッド 華麗 オクトーバーを追え DVD 2350円 レッド・オクトーバーを追え! [DVD] DVD 外国映画 アクション 2350円 レッド・オクトーバーを追え! [DVD] DVD 外国映画 アクション レッド 華麗 オクトーバーを追え DVD 2350円,[DVD],www.rosemaryrideoutphotography.com,DVD , 外国映画 , アクション,レッド・オクトーバーを追え!,/browny860220.html 2350円,[DVD],www.rosemaryrideoutphotography.com,DVD , 外国映画 , アクション,レッド・オクトーバーを追え!,/browny860220.html

2350円

レッド・オクトーバーを追え! [DVD]

商品の説明

商品紹介

<ストーリー>
米国に接近するソ連最新鋭潜水艦の目的は、奇襲か? 亡命か? 原作はトム・クランシーの超ベストセラー。全世界で大ヒットを記録したサスペンス・アクション大作。全編に渡る緊張感を演出した音響効果はアカデミー賞(R)を受賞。これこそ5.1チャンネルで真価を発揮する作品の代表と言えるでしょう。

<DVD特典>
オリジナル劇場予告編(1分44秒)

レビュー

監督: ジョン・マクティアナン 出演: ショーン・コネリー/アレック・ボールドウィン
--
内容(「CDジャーナル」データベースより)

レッド・オクトーバーを追え! [DVD]

(2020.11.2追記)ショーン・コネリーを喪ったアクション映画界は、代わりの効かない知的で強いオヤジを失った。彼が白髪と白髭となってからのベスト作品が、96年「ザ・ロック」でアルカトラズ島の人質奪還作戦に協力する元英国MI6のメイスン役と、本作の米国への亡命を図るロシア戦略原潜艦長のラミウス役に違いない。007譲りの千里眼と盤石感は他には真似できない風格で、今もって何度観ても飽きない傑作となっている。心よりご冥福をお祈り致します。(以下は原レビュー)さすが全盛期のジョン・マクティアナン監督の作品はテンポ良くスリリングで面白い。ただ難点が1つ。ラミウス艦長が愛妻の一周忌に潜水艦ごと亡命を謀る動機は判る。ただ家族の居ない士官だけを集めるのは不可能だ。そんな祖国に未練の無い士官だけの乗艦リストを軍やKGBが認める筈がない。では校長ラミウスを慕って自分だけ憧れの米国に亡命して家族を見捨てる様な男達なのか?それもラミウスが認める訳がない。残る可能性がレッドオクトーバーが敵国に沈められるかして名誉の戦死者の遺族として年金生活するしかないが、ラミウスは亡命意図を海軍提督に手紙で告げている。結果が成功でも失敗でもラミウスの仲間かと疑われるか、艦長の真意を見破れなかった無能な士官の残された家族に幸せはない。どうしても☆1つマイナスにせざるを得ないのはこの根本的な一点だ。それを除けば、ライアンとラミウスの以心伝心での対ソ連猿芝居や潜水艦の追跡劇、スリリングな潜水艦VS潜水艦戦闘などのエンターテイメントは良く出来ており、米国家安全保障担当大統領補佐官と駐米ソ連大使の化かし合いも個人的にはかなり大好物だ。配役では特に、もはや不死伝説のショーン・コネリーと小生意気若造のアレック・ボールドウィン、論理的熱血野郎のスコット・グレン、古狸親父のジェームズ・アール・ジョーンズの演技がそれぞれ渋く個性的で格好いい。功に逸る不遜なソ連原潜コノヴァロフの艦長は、ラミウスに手の内を読まれるピエロ役に過ぎず少し物足りないが、だからこそ亡命に呼ばれなかったと思えば納得か。本作は潜水艦映画では最も派手で荒唐無稽にすら見えるが、所々にリアリティが施された旧007的潜水艦モノとして深く考えずに観て楽しむ作品だと思っている。敵国の寝首をいつでも掻けるナイフ、デリケートなパワーバランスを崩す戦略原潜を決して片方だけに生んではいけない、それが最終的には国を守ることになると言う強烈なメッセージが大事なのだ。また、映画史に残る格調高い音楽は特筆しておく。なお英語を話すソ連兵士の違和感は、米国での英文識字率の現実からの製作上の妥協だろう。しかし乗艦したソ連の政治士官名がイワン・プーチンとは恐い偶然だ。
2006年版アドバンストコレクターズエディションDVD の画面サイズは16:9レターボックスです。発売年度からしても画質は良くないと考えてください。この中古を買うぐらいなら発売中の最新版をおすすめします。Amazonで千円しませんし画面サイズはきっちりワイド画面に対応した2.35:1ですから。
冒頭のコネリーのドアップから始まるが、4Kでは黒くつぶれていて、よくわからない。同様に暗いシーンは総じて非常に見づらい、角などの輪郭などは確かにシャープではあるにしても、ブルーレイの方が圧倒的に見やすいのはどうゆうことなのでしょうか。4K購入時には、とても注意したい。ワーナー作品には、それは一切見られないのだが、メーカーの問題なのか。
輸入の北米版ブルーレイを買った。(どうでもよいことだが、ラミウス艦長がフランス語やスペイン語を話したりする。私にはすごい違和感。日本語はもちろんない。日本語字幕もない。)映画ならではの、御都合主義 (戦争になるかもしれないというほどの、ものすごい数のはずのソビエト軍・アメリカ軍はどこ行った?、など)、不自然、合点がいかない、辻褄が合わないなど気になるところが多くある。原作そのままの、うまく行きすぎる都合のいいストーリー展開もある。しかし、そのようなことはどうでもよくなるほど、抜群に面白い。ラミウス艦長を始め、ボロディン副長など、男たちが本当にかっこいい。でも、力不足でその役にふさわしいと思えないアレック・ボールドウィンが演じた、薄っぺらなジャック・ライアンには、原作にある彼のブリリアントさ、凄さが感じられない。他のジャック・ライアン・シリーズの映画と比べても劣る。危機的状況を打開するキーパーソンのリアルさがない。困難な状況に直面して人の気持ちを動かせる人物という感じがしない。上滑りな熱演をすることとその人物の本物らしさがあることは違う。ジャック・ライアンの器がない。重厚な演技をするほかの俳優たちに比べて見劣りする。どこかの国の調子に乗ってはしゃいでいる実力のないアイドル主演のドラマみたいだ。傑作なのに、観る度に映画の薄っぺらなジャック・ライアンが残念でならない。トム・クランシーの原作そのままのペーパーバックを読み返す度に残念でならない。

お知らせ

一覧はこちら