トラフィック WEB限定カラー 2枚組 DVD 2022年のクリスマス

トラフィック 2枚組 [DVD]

[DVD],2枚組,www.rosemaryrideoutphotography.com,DVD , 外国映画 , ドラマ,/exostracism860211.html,トラフィック,2567円 2567円 トラフィック 2枚組 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 2567円 トラフィック 2枚組 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ [DVD],2枚組,www.rosemaryrideoutphotography.com,DVD , 外国映画 , ドラマ,/exostracism860211.html,トラフィック,2567円 トラフィック WEB限定カラー 2枚組 DVD トラフィック WEB限定カラー 2枚組 DVD

2567円

トラフィック 2枚組 [DVD]

商品の説明

根絶せよ! これは戦争だ!
実話を元にした麻薬密輸の実態に迫る!

アカデミー賞4部門(監督、助演男優、脚色、編集)制覇!

オハイオ、サンディエゴ、ティファナを結ぶ巨大な麻薬コネクション“トラフィック"を巡って繰り広げられる3つの物語を、『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグが描いた群像劇。
同時進行する3つの物語を、各別ごとに画質を変えて映像化して話題になった。

【映像特典】
メイキング~`Inside Traffic'
未公開シーン(24シーン)
インタビュー(プロフィールから/11人分)
オリジナル予告篇 US版TVスポット(8スポット)
オマケ映像(NGシーン)

【ストーリー】
ロバート・ウェークフィールドは、麻薬撲滅担当の大統領補佐官に任命された。
だが、名門校に通う彼の娘キャロラインは麻薬に溺れていた。
一方、カリフォルニア南部では、麻薬を撲滅するため麻薬取締捜査官のモンテル・ゴードンとレイ・カストロのコンビが、密輸団の大物エデュアルド・ルイス、カルロス・アラヤamp;ヘレーナ夫妻を追っていた。
アメリカとの国境に近い、メキシコ最北端のティファナ。
ここは、アメリカへの麻薬供給の中継地点だった。
バハ・カリフォルニア州警察のハビエール・ロドリゲスとマノーロ・サンチェスは、麻薬犯罪の摘発に執念を燃やす。

【キャスト】マイケル・ダグラス(『危険な情事』『氷の微笑』『ブラック・レイン』『ラストベガス』)
ベニチオ・デル・トロ(『ユージュアル・サスペクツ』『スナッチ』)
ドン・チードル(『クロッシング』『アイアンマン3』)
ルイス・ガスマン
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

【スタッフ】
監督:スティーヴン・ソダーバーグ(『セックスと嘘とビデオテープ』『エリン・ブロコビッチ』『オーシャンズ11』シリーズ、『マジック・マイク』)
原作:サイモン・ムーア/脚本:スティヴン・ギャガン/撮影:ピーター・アンドリュース/音楽:クリフ・マルティネス

トラフィック 2枚組 [DVD]

最近話題の2011年公開、ウィルス・パンデミックのリアリズムが冴える秀作「コンテイジョン」やスタイリッシュな強盗団が時代を画した「オーシャンズ・シリーズ」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、2000年のアカデミー監督賞に輝いたのが本作「トラフィック」だ。米国とメキシコの麻薬戦争を実在した人物モデルを取り入れ、現代社会の実相と人間の弱き本質に迫った脚本が素晴らしい。何故に麻薬撲滅が困難なのか、生まれ続ける需要と資金力豊富な供給、政府と麻薬カルテルとの根深い癒着、仲介業者とマネーロンダリングの巧妙な隠れ蓑、不用意な親達が招く家庭の崩壊等が、実にリアルな構造的問題として語られるのだ。家族崩壊に苛まれる米国麻薬対策本部長のマイケル・ダグラス、カリフォルニア麻薬コネクションのボスを追い詰める米麻薬警察ドン・チードルと自分の夫がボスと知って驚愕する妻役のキャサリン・セダ・ジョーンズ、メキシコでの麻薬カルテル撲滅に共闘する麻薬対策軍に違和感を持つ麻薬取締警察のベニチオ・デル・トロ。実話ベースだけに、この並行する3つのストーリー何れもがヒリヒリするリアリズムで、迫真の演技と手持ちカメラがドキュメンタリー調に盛り上げる。特筆すべきは3つの場所のシナリオ別にフィルム解像度や色調を分け、その違いが徐々に一つに収斂していく演出が上手い。一見別々の米国とメキシコは同じ土俵に居るのだと。特に序盤は観客に3つを混同させない効果もあって心憎い配慮だ。“麻薬は常に心の弱い人間から堕落させ、未成年の未来をも確実に奪っていく”その仕組みが再生産される必然性こそが本作の主張する本当の恐怖だ。そしてそれは身近で普通に起きている事実は日本でも相次ぐタレント不祥事で明らかだ。先進国や発展途上国の区別なく、社会や仕事や家庭への不満や不安が消えない限り永遠に需要は尽きず、麻薬ビジネスも不滅に成立する。人間が白から黒に染まる速さこそ、真の麻薬の恐ろしさだ。一方、途中に描かれる再犯防止の為の集団カウンセリングには気の遠くなる時間が必要なのが辛い。そう思えば貿易戦争に限らず、トランプ大統領が陸続きのメキシコ国境に壁を造りたくなる気持ちも解らなくはない。それほどに深刻な現実を知らしめてくれる迫真の本作は、一度観ておく価値がある。Blu-rayは画質はまずまず、日本語吹替えも違和感なし。広く観て貰うには廉価版が欲しい所。麻薬の「トラフィック」とウィルスの「コンテイジョン」。ソダーバーグ監督の鳴らす警鐘を聴き逃すのは現代人としては如何にも勿体無い。全編通して絶望的シーンばかりで気が滅入る映画達だが、エンディングに瞬く小さな救いの光が本当に美しい。麻薬との過酷な闘いには、社会全体の覚悟と身近な愛情の両方が必要だとの渾身の主張に身が引き締まるW傑作です。
「エリン・ブロコビッチ」や「さらば、ベルリン」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、メキシコとアメリカを結ぶ麻薬ルートを巡る様々な人々をサスペンスフルに描いた群像劇。脚本はスティーヴン・ギャガンが執筆。出演はマイケル・ダグラス、キャサリン=ゼタ・ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、デニス・クエイド、トーマス・ミリアン、アルバート・フィニー、ジェームズ・ブローリン。麻薬大国アメリカの首都ワシントンD.C.で、麻薬撲滅担当大統領補佐官に就任したオハイオ州のロバート・ウェイクフィールド判事と、名門校に通う仲間らと麻薬に溺れるその娘キャロライン。カリフォルニア州南部の麻薬密輸の仲介を一手に担うエデュアルド・ルイス、カルロス・アヤラとその妻ヘレーナ。そして白人たちへのライバル心を抱きつつも、麻薬密輸を撲滅すべく任務を遂行する麻薬取締捜査官モンテル・ゴードンとレイ・カストロ。アメリカとの国境にあり、アメリカ人が求める麻薬供給ルートの中継地点となっているメキシコ最北端の都市ティファナで、バハ・カリフォルニア州警察の麻薬捜査官として働くハビエル・ロドリゲスとマノーロ・サンチェス。それぞれの役割で、麻薬密輸とそれを無くすための戦いに関わる人物たちの物語が同時進行していく…。第73回アカデミー賞監督賞、助演男優賞、脚色賞、編集賞の4部門を制覇した他、ゴールデン・グローブ賞脚本賞、助演男優賞、ベルリン国際映画祭男優賞など多数の映画賞を受賞した。同時進行する三つの物語をスクリーン上で区別しやすくするため、メキシコでは黄色がかった薄暗い映像、ワシントンD.C.やオハイオ州では青く灰みがかった映像、カリフォルニア州ではコントラストの強い映像、とシーンによって画質に特徴を持たせる手法を用いている。
 ソダーバーグの中でも大好きな作品の一つなので、東宝から出ていた旧盤と違いがないか気になって、購入してしまいました。 冒頭カタカナで「トラフィック」とのロゴが表示されるところも同じ、画面サイズも情報量も同じのようです。僅か4ページだったブックレットみたいな冊子は、今回はありませんでした。 旧盤をお持ちの方は今回はスルーして、Blu-ray発売を待ちましょうw
東宝版のDVD、廉価版のDVDと買うかどうか迷った挙げ句、買わないまま来てしまった。それだけに待望のブルーレイ化は非常に嬉しい。もっと言えば早く廉価版を出して欲しい。スティーブン・ソダーバーグ監督は徹底したリアリズムを追求した演出でアカデミー監督賞を受賞した。冒頭でドキュメンタリータッチのメキシコ・ティファナの麻薬捜査官の日常が描かれ、その次は麻薬対策担当大統領補佐官への就任が決まったオハイオ州の判事と彼の複雑な家庭事情、サンディエゴのDEA(連邦麻薬取締局)捜査官と逮捕された麻薬王とその身重の妻という、人種も職業も社会的地位も異なるそれぞれの視点で物語が進行していく。ワシントンとオハイオはブルー、ティファナは黄色く埃っぽい粗い画質、サンディエゴは極彩色の色調だ。メキシコの麻薬捜査官バビエルを演じたベニチオ・デルトロはこの演技でアカデミー助演男優賞を獲得した。マイケル・ダグラスがいつものアクの強さを封印して抑えた演技を見せ、ソダーバーグ組の常連であるドン・チードルもコメディとシリアスの演技を使い分け、後にダグラス夫人となるキャサリン・ゼタ・ジョーンズは夫が逮捕拘留され「生きるため」に自ら麻薬ビジネスに手を染める身重の妻を演じる。メキシコの「教養溢れる漁師」を演じたミゲル・ファーラーは既に故人だが、あの胡散臭い容貌に違わぬ胡散臭い演技に「成長したな、モートン坊や」となった。麻薬カルテルは当時よりも過激化し、警察どころか軍隊も懐柔している。サラザール将軍のような組織の先兵だらけでハビエルのような真っ当な志の警察官がいても暗殺されるか「失踪」して終わり。麻薬ビジネスで莫大な富を得る者、メキシコから供給される麻薬に溺れる者、潰しても潰しても減らない「イタチごっこ」と知りつつも職務を全うする現場の捜査官。麻薬戦争に勝利しようとするなら家族を敵と見做さなければならない‥‥私にはできない。ある人物の台詞だ。野球好きか? 野球だよ。公園に照明設備があれば子供が安心して野球ができるし、治安が乱れることもない。どうやって俺の相棒を殺したか産まれてくる子供に聴かせてやるといい。僅かな希望の光は小さな第一歩となったのだろうか。
ものづくりの未来を、つくる、
支えるあらゆる企業が集う