コン エアー 季節のおすすめ商品 Blu-ray 希少

コン・エアー [Blu-ray]

[Blu-ray],/invigilation860140.html,DVD , 外国映画 , アクション,www.rosemaryrideoutphotography.com,732円,コン・エアー 732円 コン・エアー [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション コン エアー 季節のおすすめ商品 Blu-ray [Blu-ray],/invigilation860140.html,DVD , 外国映画 , アクション,www.rosemaryrideoutphotography.com,732円,コン・エアー 732円 コン・エアー [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション コン エアー 季節のおすすめ商品 Blu-ray

732円

コン・エアー [Blu-ray]

商品の説明

商品紹介

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズを手がけたハリウッドの名プロデューサー、
ジェリー・ブラッカイマー製作のアクション超大作
『コン・エアー』


不幸な事件から殺人の刑を受けたキャメロン・ポー(ニコラス・ケイジ)は過酷な刑務所での8年間を耐え、模範囚として釈放を手に入れた。服役中に生まれた 娘の8歳の誕生日に、故郷アラバマまで彼を移送する《コン・エアー》に乗り込むが、それは新たな悪夢の始まりとなた。そこには、冷酷な知能犯サイラス・グ リサム(ジョン・マルコビッチ)をはじめとする囚人たちが、新設の凶悪犯専用施設に移送されるため同乗していた・・・。


キャメロン・ポー: ニコラス・ケイジ / 大塚明夫
ビンス・ラーキン: ジョン・キューザック / 家中宏
サイラス・グリサム: ジョン・マルコビッチ / 壌晴彦
ガーランド・グリーン: スティーブ・ブシェーミ / 二又一成
ダイアモンド・ドッグ: ビング・ライムズ / 大友龍三郎

監督: サイモン・ウエスト
製作: ジェリー・ブラッカイマー
脚本: スコット・ローゼンバーグ
製作総指揮: チャド・オーマン、ジョナサン・ヘンスレー、ピーター・ボガード、ジム・カウフ、リン・ビグロー
撮影: デビッド・タッターソル(B.S.C.)


●ムービー・ショーケース
●“コン・エアー”へようこそ
●“ビバ!ラスベガス”撮影秘話
●オリジナル版劇場予告編

Amazonより

   妻を護るために殺人を犯したポー(ニコラス・ケイジ)は、8年の刑期を終え、愛する家族の元へ帰るべく連邦保安局の空輸機に乗ったところを、サイラス(ジョン・マルコヴィッチ)ら囚人グループたちにハイジャックされてしまう。ポーは外部の連邦保安官ラーキン(ジョン・キューザック)の協力を得ながら、サイラスらと壮絶な闘いを繰り広げていく。
   空に陸にとド派手なアクションを繰り広げていくヴァイオレンス・アクション大作で、製作は見せ場の過剰連続映画ならお任せのジェリー・ブラッカイマー。監督のサイモン・ウエストは、これがデビュー作となった。クライマックスなどで蛇足な部分もあるが、囚人たちひとりひとりの面構えが個性的でよく、往年のロバート・アルドリッチ監督作品を彷彿させる部分もあり。キャストの魅力で光った佳作である。(的田也寸志)

コン・エアー [Blu-ray]

妻子の元に還るため、囚人仲間の命を救うため、エイリアンの如き凶悪ウィルス的犯罪者集団の拡散を防ぐため、何処か憎めないHARD版ニコラス・ケイジが、前半は演技力を駆使した頭脳戦、素性が割れた後半は闘志剥き出しの肉弾戦で極悪集団に挑む、痛快無双の異色ハイジャック・アクション。家族愛に支えられたケイジの負けじ魂とマルコビッチの計算高い冷徹な狂気とキューザックの洞察力に長けた嗅覚と俊敏さ、三つの尖った個性の競演が何ともスリリングだ。加えて頭の固い麻薬取締官とレクター張りの連続殺人鬼、性的異常者につけ狙われる女性護送官と幾多の変化球も楽しめる娯楽指数120%の仕上がり。設定が非現実的だからか米国でも酷評され、今一つ人気が出ないけど、なかなかどうして手に汗の体温上昇率は凄い。守るべき絶対物がある人間だけが持つ覚悟の凄まじさに圧倒され、妥協の産物に過ぎない烏合の衆の脆さに溜飲を下げるお約束の二時間。クタクタのうさぎの縫いぐるみを愛娘に渡す瞬間の家族シルエットには、毎度泣かされる。週末のストレスリセットと栄養ドリンクのW効果が欲しいなら限りなくベストな一作。
ストーリーは、誤って殺人を犯して刑務所暮らしをすることになった主人公が仮釈放され、家族の元に帰るために囚人に乗っ取られてしまった輸送機などを舞台に活躍するというもの。家族・仲間思いの主人公、イカれながらも冷静で切れ者の囚人のボス、そのボスの暗号を即座に解読した頭のキレる捜査官、凶悪犯からも恐れられる殺人鬼など、登場人物は主要人物から脇役まで個性的な人物が多く、ストーリーが賑やかになって面白いです。更に、時折挟まれるジョークやギャグ、そしてダラダラ会話するシーンがほとんどなくテンポよく進むストーリーと、見ている人間を飽きさせない工夫が多数あって時間が経つのが早く、エンディングまであっという間です。基本的に勧善懲悪のストーリーと、銃撃戦から肉弾戦、航空機アクションなどの様々なアクション、そして家族愛もあるのでニコラス・ケイジ主演の娯楽映画の中ではかなりおすすめです。
大好きなジョン·キューザック、ジョン·マルコビッチの競演に心踊らせ、何度も映画館に足を運びました。『タイタニック』と同じ年の作品なので随分経ちますね。やはり怪優マルコビッチは凄い。あの役をブルース·ウィリスが熱望していたらしいですが、恐らくあの不気味さは出ないかと。キューザックは余りこのタイプの作品には出ない俳優ですが、監督と仲良しで、お願いされたみたいです。凶悪犯集団にに乗っ取られた囚人輸送機。家族の元に仮釈放で帰る予定のポー(ニコラス·ケイジ)は?ドキドキワクワク出来ること、請け合いです。
淡々と繰り広げられる内容で 面白い 久しぶりに見ました^^